小川

2019.10.20

定期的なサロントリートメントで芯から強い美髪をつくる

こんにちは^_^小川です

何もしなくても美しい髪というのが理想ですが、現実は年齢を重ねるほどなかなかそういうわけにもいかなくなってきます。髪のパサつき、うねり、ボリュームがでない、髪が薄く地肌が透けてみえるなど変化が出てくるかと思います。

そもそも髪は死滅細胞なので、トリートメントやオイルケアで栄養を入れツヤを出すことは出来ますが、今伸びている毛髪を元に戻すことは難しいことなのです。


みなさんは夜お風呂から上がってドライヤーで乾かす際に、オイルタイプやミルクタイプなどの流さないトリートメントつけてから乾かされる方も多いのではないでしょうか。


ホームケアを頑張れば髪の毛は必ずこたえてくれますが、そもそもの毛髪の体力が衰えしまった時にホームケアを一生懸命やっても痛みにくい髪の毛を保つことは難しいです。一時的にホームケアによってツヤは作れますが、毛髪の芯を強くするため、痛みにくい髪をつくるためにはサロントリートメントの力が必要になります。



サロントリートメントとホームトリートメントの違い

サロントリートメントは髪の内部に髪と同じ成分のタンパク質を補給し、髪の毛の芯を強くするのに対し、

ホームトリートメントは髪の表面上のケアで髪のキューティクルが剥がれて手触りの悪い部分を整えるパテのような役割です。

サロンでトリートメントをした状態を出来るだけ持続させてくれます。

しかし毎日シャンプーしたり、紫外線に当たったり生活していくうちに手触りが変わりトリートメント効果が少しずつ無くなってしまいます。



大事なのはサロントリートメントが抜け切る前

サロントリートメントを受ける理想の頻度はダメージ度合いにもよりますがだいたい1ヶ月半に一度がベストになります。毛髪はだいたい1ヶ月経つと手触りが変わってきます。トリートメントが抜け切っていなくても兆候はでてくるので毛髪内部に栄養素が残っているタイミングでもう一回トリートメントを重ねればさらに毛髪表面の膜を強化して結果的にコシの強い髪になり、芯がしっかりしていると栄養素は抜けにくくなります。



サロンで毛髪の芯を強化し家で持続するようにケアをする

髪はその時の自分の状態を表してくれます。疲れてたらパサつき、ひろがり、何かしらSOSのサインを出しています。ヘアロスサインを見逃さないように10年後20年後も輝く自分であるために今出来ることから始めましょう٩(๑❛ᴗ❛๑)۶


【髪質改善ヘアエステ専門店】

D’or(リュドール)長久手図書館通り店

住所 愛知県尾張旭市南栄町旭ヶ丘63-1

tel 0561765566

関連記事