小島

2019.09.18

髪質改善とトリートメントの違い

こんにちは、リュドールの小島です。

前回は髪質改善とは何かを理解したところで、

今度は普段皆様が使っている「トリートメント」とリュドールで行っている「髪質改善ヘアエステ」との違いを見てみましょう。

まず根本的に大きく違うところを簡単に言うと…

ヘアエステ ⇒ 髪の内部に作用する。

トリートメント ⇒ 髪の外側をコーティングする。

というところです。

髪質改善へアエステの場合

へアエステの施術は、カラーやパーマなどでキューティクルが開いてる時に髪の内部へお客様1人1人に合わせた栄養分を入れていきますので、基本的にはカラーやパーマなどと同時施術になります。

トリートメントの場合

へアエステの施術とは違い、トリートメントは髪の外側のコーティングになりますので、

基本的にはすべての施術が終わった後にトリートメントという順番になります。

髪質改善ヘアエステのいいところ

では、髪質改善ヘアエステは何がすごいのか?

・カラーやパーマを繰り返すたびに髪がキレイになる。

・栄養分を髪の中に入れるので髪がキレイな状態が持続する。

・さらに重ねていくとどんどんキレイな状態が長持ちする。

・お客様一人一人にオーダーメードで処方できる。

・徐々に髪質が改善されていく。

などがあげられます

トリートメントをすると

トリートメントの場合、やった日が一番感触がよく日に日に落ちていき、個人差はありますが2週間ほどでとれてしまいます。そうするとカラーやパーマで出たダメージがむき出しになってしまうんです。なので繰り返しても髪質が改善されていくことはありません。

よく「トリートメントをしてもすぐにとれちゃうし、意味がない。」なんてことを聞きますが、まさにこれが原因です。

パーマ、カラーでダメージする

      ⇩ 

表面をコーティングして感触をよくする

      ⇩

トリートメントが落ちてダメージがむき出しになる

      ⇩

ダメージむき出し状態からさらにパーマ、カラーでダメージを与える 

     ⇩

またトリートメントでコーティングする ・・・

これを繰り返しているだけだからです。

トリートメントは、時間と共に落ちてしまうので実は、皆様が想像しているような効果は得られないのです。

髪質改善ヘアエステをすると

髪質改善ヘアエステの場合です。

パーマ・カラーで同時に栄養補給

      ⇩

徐々に栄養が抜けていくが全部はすぐには抜けない

      ⇩

栄養分が残っている状態でさらにパーマ、カラーで同時に栄養補給

      ⇩

徐々に栄養が抜けていくが前回よりも多く入っているので残りの栄養分が多い

      ⇩

その状態からさらにパーマ、カラーで同時に栄養補給 ・・・

これを繰り返すので、結果、常に必要な栄養分が髪の中にある状態になり髪質が改善されていきます。

トリートメントと髪質改善ヘアエステをグラフにすると、こんな感じ。

1回ですぐに髪質が改善されるわけではありませんが、継続していく事でかなり大半は改善されます。

実際に続けていただいているお客様から、「髪が以前に比べて扱いやすくなった」というお声を多くいただいております。

関連記事