小島

2019.09.15

長久手、尾張旭の紙質改善専門店

こんにちは、リュドールの小島です。

今日は、リュドールの髪質改善がどのようなものなのか?のお話を詳しくさせて頂きます^ ^

そもそも髪質改善とは何か?

そんな声が聞こえてきそうですが、髪質改善とは一言で言うと、

『髪を扱いやすくする事』です。

◎カラーやパーマを繰り返し、ダメージが蓄積され髪が広り、まとまらない。

◎年齢と共に髪のハリやコシがなくなりペタッとする。

◎白髪染めは髪が傷むけど仕方ないと諦めている。

そんな悩みを解決しながら髪を扱いやすくしていきます。

ただ間違えてはいけないところが、「ダメージした髪が治る」とか「クセがなくなってストレートヘアになる」ものではありません。

あくまでも今の現状よりも髪質を改善して扱いやすくするものです。

そしてパーマやカラーを楽しみながら5年後も10年後も綺麗な髪でいてもらいたいと思ってます(°▽°)

最近「髪質改善」という言葉をよく耳にします。

いろいろなメディアなどでも取り上げられていて美容室のメニューだけでなく、ドライヤーやホームケア用品でも「髪質改善」と謳っている商品をよく見かけます。

ただ逆に、その「髪質改善」という言葉だけが一人歩きしている様にも感じます。

髪質改善と聞くと、ダメージが治ったり、くせが治ったりするイメージを持つ方が多いと思いますが、そもそも髪は死滅細胞なので、絶対に治りません。

もし、「髪質改善で髪が治る」と謳っているとしたらそれはありえません。信じてはいけません!笑

リュドールは髪質改善ヘアエステ専門店でやっているのですが、そもそも「髪質改善」とは何か?

というのをご理解いただけると、今後の参考になるかと思います。

リュドールの髪質改善は、お客様の悩みや施術履歴などをお伺いして、お客様一人一人に合った薬剤調合をすることで、ダメージを最小限の施術で(基本的にダメージが全くない施術はありえません)、同時に栄養補給をし、髪を今よりも綺麗に扱いやすくすることです。

「髪が傷むから、いままでリタッチにして、全頭のカラーはなるべくひかえてます」とお話される方が多いです。しかし「栄養補給はむしろ毛先にしっかりしたいですよね!だからリタッチ  ではなく、全頭しっかり髪質改善のエステでカラーしましょう」と、なるのです٩(ᐛ)و

傷むからと言って、我慢することないんです。

だいたい白髪染めでしたら、1ヶ月半から2ヶ月で染めたくなる方が多いと思いますが、髪質改善エステでキューティクルの中に入れ込んだ栄養分もさすがに2ヶ月以内で流れでてしまいます。流れ出る前にまた栄養補給をして頂くのが理想ですね!!

1ヶ月半から2ヶ月以内に髪質改善エステをして頂くのがベストだと思います^o^

カラーやパーマを楽しみながら、5年後も、10年後も綺麗な髪をずっと保つのです。

普通のトリートメントの様にその時だけ綺麗になる様なものとは全く違うのです。

関連記事