青山

2019.04.20

カラーでバサバサに傷んだ髪はどうすれば治りますか?


お客様のからこんな質問をいただきましたのでお答えさせて頂きます。

通常にカラーをする事で髪は確実に傷みます。。

では、なぜ傷むのか簡単の説明させて頂きます、、

髪色を明るくする時には必ず髪を黒くしている色素「メラニン色素」を溶かし髪を明るくしながら同時にカラー剤の色味を入れていきます。

人工的に一度髪の色を抜き取り、新しい色を髪の中に入れ込みます。

髪に最も負担がかかるのが髪のメラニン色素を溶かす時に髪の他の成分も溶かしてしまう事です

もう一つ、カラー後の残留薬剤がしっかり除去されていないと何週間かたった後にジワジワと髪はダメージしていきます

その結果髪の内部に空洞ができます、薬剤によるダメージを繰り返すことで、修復不可能なビビリ毛になってしまったり、枝毛、パサつき

につながります。

「白髪が気になる」季節やファッションに合わせた髪色でオシャレを楽しみたいですよね♬

カラーを楽しんで綺麗な美髪を作るポイントは

1、内部に残留している薬剤を除去する

2、カラー時の髪の負担を少なくする

3、髪の表面を覆っている皮膜を取り除く

3、髪密度を高める

まず、サロンでのカラー施術に関しても的確な処理が必要になります。

サロンでしっかりと薬剤処理ができていない場合は残留している薬剤や皮膜を除去するだけでも専用のシャンプーを使って1ヶ月以上かかります。

すぐに綺麗な髪を手にする方法はありません。。。

【リュドールの髪質改善カラーエステとは】

リュドールでの髪質改善カラーエステでは、スタイリストがマンツーマンで的確な施術をしていきます。

・毎回ハーブエッセンスで皮膜を剥がし髪のデトックス

・カラー時の負担を少なくする為に93%が自然界由来のAVEDAカラー剤使用

・カラー剤の中にはとトリートメント(大豆たんぱく質)を混ぜてカラーの色と一緒に髪の内部に入れ込み髪内部の空洞化を抑え髪密度を高めます

・カラー後には残留薬剤(過酸化水素)をしっかり除去し、髪を安定した状態に保ちます

さらに、髪質改善ヘアエステでは通常のトリートメントでは届かない髪の内部に栄養を入れ込みます。

カラー前には髪に栄養が浸透しやすくなるようなベースを作ってから栄養と一緒にカラーを塗布し、カラー後には栄養をしっかり内部に閉じ込めるようにキューティクルを整えます。

細かい工程がいくつかあり、その分お時間を頂きますが、お客様の髪を美髪にするプロとしてお客様に喜んで頂けたらと思います

ダメージを極力少なくし、内部までしっかり栄養を入れる当たり前のことですが、繰り返すことで確実にキレイな髪は作れます!

是非リュドールスタッフにご相談くださいませ

【髪質改善ヘアエステ専門店】

Rue D’or(リュドール)長久手図書館通り店

住所 愛知県尾張旭市南栄町旭ヶ丘63-1

Tel     0561765566

ライン@:kav8951g

詳しくはホームページをご覧くださいませhttps://rue-dor.com/

関連記事